歯科のレセプト枚数

歯科レセプトの枚数について

歯科のレセプトと枚数の関係

歯科医院は患者のカルテを元に数値化し市町村や保険組合に提出します。その書類がレセプトと呼ばれます。病院系では診療報酬明細書とも言い薬局や訪問看護は別の呼び名があります。 歯の治療の場合保険がきくものが最低限であるため正攻法では収入が低いと言う欠点があります。それ故レセプトの枚数を増やす事で収入を増やそうと言う感心出来ない手段をとる事が多いとされます。 しかし質素倹約で開業したいのであれば歯科医院は診療報酬明細書の枚数に振り回されずともそれなりにやっていけるとも言われています。とは言えライバルの医院に患者をとられると言う可能性はあるのでそのケースに陥らない様に払拭するような腕や判断力が求められます。

レセプト業務ができるとスムーズ

歯科医院の受付では、予約や問い合わせへの電話応対などの窓口業務から、診療報酬明細書を発行するレセプト業務、会計などを行うスキルが求められます。 医療費を計算するために、患者の氏名や保険者番号以外にも、検査や処置、薬に関する費用など、細かな内容を明記する診療報酬明細書の発行は、電子カルテの導入にともない、オンライン化されている歯科医院も多く、 専門学校などで医療事務を学んだり資格を取っていたりすると、スムーズに業務をこなすことができます。また、医院によっては窓口業務だけてはなく、器具の消毒や準備など、治療の助手としての業務を任されることがあります。

↑PAGE TOP