歯科レセプトの本とは

歯科のレセプトの本について

歯科医院レセプト業務は本は勉強

レセプトとは診療報酬明細書のことです。私たちは国民健康保険などに加入することによって医療費の一部を負担するだけで病院で診察や治療を受けることができます。こうして診療費の一部を患者様から徴収し、残りを政府や組合などに請求する窓口の業務がレセプト業務です。病院で受ける診療には、保険診療、自由診療、公費負担診療があり、自由診療では患者様が全額負担することになります。歯科での診療では、歯列矯正やインプラント治療などが自由診療になり、そのためにこれらの治療は医療費が高額になりがちです。現在多くの歯科医院では電子カルテを導入し、明細もオンラインで管理するのが主流になっているため、本などで勉強すれば決して難しい作業ではありません。

レセプト業務について

レセプトは、診療報酬明細書のことです。歯科で患者さんの治療をして、一部を患者さんに請求して、残りを政府や組合や市町村などの保険者に請求する業務がレセプト業務です。月末に患者さんが受けた診療、処置をまとめて明細書を記載します。月末までに作成をして、10日までに請求する必要があります。保険者に診療費を請求することになるため、非常に重要な業務になります。こういった業務があるので歯医者さんいは歯科助手さんがいっぱいいるのでしょう。裏を返せば、そこにたくさんの仕事があるので求人が多くあるので一度資格をとれば一生仕事に困ることはありません。

↑PAGE TOP